Sponsor Link

映画 シビル・ウォー/キャプテン・アメリカのムビチケカードget 前売り券・ムビチケは得?

20160319-image

先週木曜日、シビル・ウォー/キャプテン・アメリカの「ムビチケカード」が届きました😆

確か私の記憶では、今年の6月公開予定だと思っていたのが、勘違いだったのか?
劇場公開日が2016年04月29日(金)と噂に聞き、先週末ネットで「ムビチケカード」を購入しました。

土日を挟んでの注文でしたので、届くまで日が掛かり、ちょっとハラハラしましたが、無事に到着。

去年から楽しみにしていた映画の一つなので、これが届いただけで、ワクワクものです。🎶

今回購入したチケット、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」は、
家族4人で行くので4枚購入しましたが、このチケットをネット購入した時に
色々と引っ掛かった事があるので「ムビチケ」ついて等メモ記事にします。

ムビチケには二種類ある??

ムビチケ(http://www.movieticket.jp/)は、オンラインで座席指定が可能な前売り券です。

当日券(一般1,800円)を買うよりも400円お得になります。
ムビチケには「ムビチケオンライン券」と「ムビチケカード」の2種類があります。

購入番号がメールで届くペーパーレス前売が「ムビチケオンライン券」でムビチケのサイトで買えます。

手軽でメジャーなトコだと、
Amazonで買う事も可能です。⇓「映画前売券(ムビチケEメール送付タイプ)」


『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』 映画前売券(ムビチケEメール送付タイプ)

Eメール送付タイプではなく
購入番号が裏面に掲載されているカード型前売券が「ムビチケカード」です。
「全国券」と「劇場券」が有ります。

どちらもオンラインで座席指定が可能なので違いというものは殆どなく、
カードが手元に残るかどうか。という事位です。

但し、「ムビチケカード」はムビチケサイトでは購入できません。劇場で購入するか、
MAJOR(https://www.major-j.com/index.php)というサイトで購入する事になります。

major

映画前売券のポータルサイト『映画前売券のことならメイジャー』

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」のムビチケカードも
まだ劇場売りが開始されていない期間でしたが、こちらで購入しました。

mubichike-image

普通の感覚で云うと、ムビチケでデジタル発券するなら、カードの方もムビチケで買えれば
紛らわしくないと思うんですけど、カードの販売は別のサイトだなんて。

これは初めての方だと結構疑問な点では無いでしょうか。

カードは劇場で買うのが一番だけど、NGな時はネットで買った方がお得??

通常は、劇場でムビチケカードを前売り購入するのですが、
今回は、劇場販売前だった事や、前回アントマンを見に行ったっきり。
劇場までチケットだけを態々出掛ける事の手間とのガソリン代を考えると…ネット購入する事に。

しかも、前回のアントマンの時の様な、可愛いおまけ(前売り特典)無し。
・・・なので、送料150円で済みますしね。

お、しれっと書いてしまいましたが、

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」は、前売り特典無いそうです。
ちょっとびっくり。スーパーヒーロー物って、小中高生とか特典あったら喜ぶのにね。
なんだか、あって当たり前の様に思っていたので、ちょっと変な感じ。

おまけ等が付いている場合は宅急便で送られてくるコトになるので、割高感が増しますよね。
なので、最寄りの劇場に行くまでの”交通費と手間”と”送料”を比較して考えると良いです。

購入する時の決済方法は、カード決済だと手数料は掛かりません。
カード決済の時、使用カードの登録をするかどうかの選択が可能なので、
保存されるのが嫌な方は、登録しない様にしましょう。

因みに私はクレジットカードを持ちませんので、ネット銀行のVISAデビットで決済しました。

決済方法として他には、コンビニ払いもありましたけど、手数料が350円位しました。

映画館固有のサービスを利用してお得に映画を観る~前売り券よりお得なパターン

前売り券―。ムビチケカードやコンビニで前売りチケットを購入すると
一般1,800円のところが1,400円になるので一見、お得の様に思いますが、
前売りチケット購入特典(おまけ)が付いていない場合、
最寄りの映画館の”料金案内”のページにアクセスしてみましょう。

例えば、MOVIXの場合ですと、料金案内のページに”スペシャルプライス”として、
シニア割引(60歳以上)1,100円や、レイトショー(毎晩20:00~)1,300円等のサービスがあります。
(他にも、レディースディとか、映画の日ナドナド。。。最寄りの各劇場でご確認下さい。)

該当するサービスを利用できそうな場合は、
前売りチケットを購入せずに劇場で当日券を求めた方がお得です。

我が家の場合、行きたい映画がある時は、年の離れた旦那様が”夫婦割”が効くお年なので(笑;
劇場に行ってから当日券を買い、席も当日指定です。

そうすると、二人で2,200円なので、一人当たり1,100円。前売り券を買うより300円も得なんです😎
(一般1,800円のところ1,100円…。パパさん、ありがとう。差額でポップコーン買えるよね🍟)

例えばTOHOシネマズMOVIXだと、、、

以下はTOHOシネマズの引用です

… 夫婦でお得に観る!夫婦どちらかの年齢が50歳以上のお客様が、揃って同じ映画をご鑑賞いただく場合、曜日や時間を問わず、2,200円で夫婦2人分のチケットをご購入いただけます。 (窓口での年齢証明が必要です)2004年から始まったこのサービスは、当初、期間限定のサービスでしたが、お客様からの反響も大きく、恒常的なサービスとして、実施されることになりました。

・・・という、映画館独自のサービスな訳です。

曜日も時間も関係なく利用できるサービスなので有難く使わせて頂いております。
(このサービスは劇場に依って有な所と無い所がありますのでお近くの劇場でのご確認が必要です)

では、今回何故?前売り券が必要なのか。って事ですが、
映画の上映方法のチョイスで前売りを買うか?どうかで選択しました。

上映スタイルで前売りを買うかどうか考えてみよう

映画の上映方法は、普通の上映・3D上映・IMAX3D等がありますよね。


普通の上映(2D)だったら前売りを買わず、
先程書いた映画館独自のサービス”スペシャルプライス”を利用した方がお得ですよね。

3Dで観たい映画がある時も、利用が可能な該当するサービスがある時は
映画館独自のサービス”スペシャルプライス”を利用しても良いと思います。

3Dはどの角度から観ても然程変化が無い様に思うので、当日座席指定でも十分かと。
料金面でも、通常の鑑賞料金プラス400円必要ですが、
眼鏡を持っている場合は持参すれば300円だけを追加で支払うだけで済みますし。

では、IMAX3Dでド迫力な映像を愉しみたい場合ですが、席を気にしないで良い場合は、
映画館独自のサービス”スペシャルプライス”を利用しても良いと思います。
(IMAX3Dも勿論別途、通常の鑑賞料金プラス700円が必要。眼鏡ももぅ確か持ち帰り出来るかと。)

しかし、3Dだったら何処に座っても大体同じ感覚で観れるのですが、
IMAX3Dだと座席に依ってかなり差異がある様に思います。(私が眼鏡だからそう感じるのか??)

折角のIMAX3D。ベストポジションで観るなら、
「ムビチケ」か「ムビチケカード」を購入して席をネットでリザーブするのが良いと思います。
当日劇場指定だと、良いポジションは大概埋まってしまっていますから。

そぅ、前々回、家族で行った「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」の時、
公開から大分経ってから行ったのですが、真ん中辺りの席は埋まってましたから。

それでも一番後ろの席の真ん中辺りに座りましたが、、、遠すぎて。。。

私は眼鏡な人なんで、、、。
W眼鏡になる為、やはり真ん中の真ん中(笑)辺りでないと厳しいのです。

それと、

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」は、通常の3D上映が無い!

らしいです。「IMAX3D等上映あり」となっています。

嘘みたいですが、チケットを購入する時に、その様に書かれていました

(どちらにしても、IMAX3Dでド迫力な映像で観る。と子供達も張り切ってましたから、
我が家的にはOKなんですが、金額的に”3Dの方で十分だ”と思う方も居ると思うんですよね。)

まぁ、この点を考えて今回は当日夫婦割はスルーして「ムビチケカード」を購入しました。

劇場で追加料金を支払う時に700円から夫婦割差額を引いて頂けるかどうか?
これまで尋ねたコトが無いので、ちょっとしたテストで聞いてみます。

例え引いて貰えなくても「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」ですから文句無しです。
出来るだけ良い席で観たいと思います。

この様に、最初から「前売り特典なし」「3D上映なし」等が分かっている場合は、
「ムビチケ」をネット購入すると送料も掛からないで良いですね。

態々、送料をかけてまでカードの方を選択したのは、まぁ、物的何か?を手元に置いて置きたいという。
手元にカードがある事の安心感。。。ただそれだけの事なんです。

メールで番号を知らせて来られても、いざ、座席指定して行くぞ。となった時、
万が一PCが動かないとか、そうでなくてもそのメールを削除してしまっていたりすると・・・。

~面倒ですもんね。

まとめ

一番お得に映画を観るなら、前売り券・ムビチケ等を購入するより、
映画館特有のサービスを利用するのが一番お得の様です。

そのサービスを使えない場合は、電子チケットのムビチケ購入を推奨します。

また、上映方法に拘る場合もムビチケカードの購入&座席リザーブをおススメします。


シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ|映画|マーベル|Marvel ←公式サイト
⇑映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』日本版TVスポット

civilwar-pop-image

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」IMAX®3D版が、劇場をド迫力の戦場に変える!

日本でも大ヒットした『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の後、キャプテン・アメリカが“アベンジャーズ”のリーダーになる所から始まります。人類の平和を守るための“アベンジャーズ”による戦いは、アメリカ国内のみならず、ヨーロッパ、アジア、アフリカと全世界に広がり、その戦いによる人的・物的被害は膨大なものになり、世界はそんな状況を危惧し、国際的な政府組織の管理下に “アベンジャーズ”を置き、許可なしでの活動を禁止します。
 《一般市民を危険に晒してしまった》という自責の念を持つアイアンマンは真っ先に賛成するが、《自らの行動は自らが責任を持つべきだ》という信念を持つキャプテン・アメリカは強く反発。お互いが《平和を守りたい、仲間を守りたい、友情を守りたい》という同じ想いを持ちながら、彼らのすれ違いはエスカレートしていきます。そんな一触即発の緊張感の中、壮絶なテロ事件が発生。そのとき、アイアンマンとキャプテン・アメリカはどのような決断をするのでしょうか?

監督: アンソニー・ルッソ・ジョー・ルッソ
出演者: クリス・エバンス
ロバート・ダウニー・Jr.
スカーレット・ヨハンソン
ジェレミー・レナー
セバスチャン・スタン
アンソニー・マッキー
ドン・チードル
ポール・ベタニー
エリザベス・オルセン
チャドウィック・ボーズマン
ポール・ラッド

映画「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」は全米より7日早い2016年4月29日(金)に日本公開です。