電気料金

電力自由化元年💡eo電気vs関西電力💡電気料金 比較とプラン 二年目からはお得感0っ!?

今回は関西電力の子会社、eo電気(ケイ・オプティコム)について語りますが、 eo電気を利用する為には、家庭の通信サービス「eo光」eo光ネットに加入している事が前提になります。 前回記事にした大阪ガスの様にエネルギー供給に特化した会社ではなく、 J:COM同様、「通信」がメインの電気通信事業社なので 「電気もまとめて売って新顧客もゲットするぞ。ヨロシクっ。」で販売されます。 関西電力の子会社なのに、態々電気事業を始める背景には、メディアでも報じられている様に、 関西電力が「他に持ってかれる位なら子会社で可能な限り引き留めるぞ」って作戦です。 電気を毎月沢山使うご家庭は、相当お得になります。 0.1 eo電気のプラン 0.1.1 シンプルプラン 0.1.2 eo電気スタート割 0.2 eo電気の電気料金の例/関西電力との比較 0.3 eo電気の電気料金「eo電気シンプルプラン」/関西電力との比較 0.4 eo電気のシュミレーターで検証 0.4.1 総務省統計局資料データーに基ずく平成27年2015年分の電気代平均で検証 0.5 39ma家平成27年2015年分の電気代で検証 0.6 契約する時に手数料が必要 0.7 解約金はどうなるか 0.8 電気会社への解約手続きについて 0.9 eoのサービスの問題 1 まとめ eo電気に加入するなら、初年度だけが良いかも。二年目からはお得感0っ!!

電力自由化元年💡大阪ガスvs関西電力💡電気料金 比較とプラン

1 大阪ガスのプラン 1.1 ペースプランA【関西電力従量電灯A(家庭用)相当】 2 大阪ガスのモデル電気使用量/関西電力との比較 3 大阪ガスの電気料金/関西電力との比較 4 大阪ガスのシュミレーターで検証 4.1 総務省統計局資料データー平成27年2015年分の電気代平均で検証 5 39ma家平成27年2015年分の電気代で検証 6 違約金(解約金)はどうなるか 7 電気会社への解約手続きについて 8 大阪ガスサービスショップ(ガス屋さん)代理店の問題