WAF

ロリポップにおけるJetpackの色々なエラーはWAFの仕業ではなくなった!?

ロリポップが対応してくれているWAF。 WAF関連の記事は、みてみたでも書いてきました。 WordPress内で、度々、いや、至るところでエラーになってくれます?? それだけしっかりガードされている。って思えばなんちゃ無いんですけど、 ロリポップの管理画面でWAF機能を無効にして問題解決したりしなきゃならない面倒があったり、 (SiteGuardプラグインのWAFチューニングサポートでルールの除外をするって方法もありますし) 快適に作業していたものが行き成りエラーになったりするとビビりますよね。 そして、これまで何かとWAFに動作阻止されていた「Jetpack」プラグイン。 Jetpackは御存じの様に、使える機能が豊富なので、他のプラグインよりも動作条件も多種です。 なもんで、Jetpackの機能を多用している人程、困り事の”種”になっていたと思います。 私もWAFの仕業とは知らずJetpackを止めた事で二か月近く苦しむ事になりましたし(苦笑

WordPressで403が出たらWAFチューニングサポートで解消

WordPressで何かしらの作業をしていると、”403 Forbidden”が出る事があると思います。403″Forbidden”(閲覧禁止)が出たら、WAF機能を「無効」にしてWordPressに戻ると解消されます。しかし、いちいち切り替えするのは面倒。 「無効」にしっぱなしでは、危険なので最近では「有効化」したまま、403が出たら、ロリポップ!のWAFのログをみて、WAFが邪魔してしまった(誤検知)、動作を除外する事にしています。 除外方法として、htaccessで除外する方法もありますが、(.htaccessによる除外記述の方法)SiteGuardというプラグインがインストールされている場合は、このプラグインのWAFチューニングサポートという項目で、WAF除外ルールを設定すると良いです。

403エラー と ぺージの自動転送設定が正しくありません ・・・WAF…怖い😱

403エラー と ぺージの自動転送設定が正しくありません ・・・WAFが怖い プラグインが、403エラー&ぺージの自動転送設定が正しくありません…「他のプラグインとの競合」「キャッシュ系のプラグインを停止」WordPress側で自動生成される.htaccessのコードを疑ってみたり、 転送ルールを確認してみたりしても判らない。Firefoxのクッキーを削除してみたりしたけど、駄目。ロリポップ!のサーバーの設定か何かか? モジュール版PHP&新サーバーに移設もしたのは関係ないよなぁ。またWAFが原因!JetpackのCSSのエラーは解消できましたが、、、。

WordPress 記事更新、下書き保存が出来なくなった問題–WAF

WordPress 記事更新、下書き保存が出来なくなった問題--WAF 私の様に、毎日時間がある時に少しずつ記事を更新して、 書き足しを終えてから公開する人もいると思います。 ちょこちょこ書き足した記事がパァーにならない様に更新ボタンをクリックし、 それまで書いた記事を保存しておきます。 しかし、更新ボタンがグレーアウト(更新ボタンがクリック出来ない状態)していた。 しかも文字を足す度何度もそうなる。 ビジュアルエディタに切り替えようが変化がない。 操作の対象から除外されている状態なんだから当たり前なんだけど焦りもあって何度か試す。 Private initialization, Troublesome, Wordpress, 不具合解消, 問題, 変更, 面倒