Sponsor Link

WordPressのお引越しの手順と方法【連載1】構想編

moving_procedure_method-1


WordPressのお引越しの手順と方法【連載1】構想編

無事にお引越しする事が出来ましたので、
移設(お引越し)の手順や方法をまとめてみたいと思います。

一度に書くと、とても長くなるので分割して連載します。

今回は構想(プラン)編です。
WordPressのお引越しの前にしっかり移設プランをたててみましょう。

Sponsor Link

お引越しのプラン

参考になるかどうか??解りませんが、
以下WordPressを移転する為に、打ち出した「みてみた」のプラン。

  • 新たにドメインを取得し、新ドメインでリフレッシュ運営。
  • サーバーはロリポから快適なエックスサーバーに。
  • 移転方法はデーターベースを触らずに、コンテンツのみを移動(XMLファイルを使用)。
  • 新しいWordPressにエラーを持ち込まない。

こんな感じで考えました。

データーベースごとの移転だったら、細かい設定を施さずに引っ越し出来そうですが、
データーベースに関しては「触らぬ神に祟りなし」の方向でいますので(笑)
データーベースはノータッチで新しいサーバー引っ越しする事をチョイスしました。

(私の場合過去に、データーベースを弄り過ぎて失敗した苦い経験がある事から、
ど―ぅしようもない時のみ、phpMyAdminに入る事にしています。)

それからこちらでも書いていた様に、
見た目には判らないエラー等があった為、エラーまで引っ張ってくのは論外😟

エラーを引き継いだら引っ越しする意味が無くなるし、過去に使用していたプラグインが、
データーを残していてデータベースに必要無いものが残ってたしていたので、
(プラグインを削除してもデーターを残してしまうプラグインがある)
新規のWordPressで、必要なものだけ持っていきたいと思いました。

必要なものだけ残し、不要なものは捨てる―。WordPressの「断捨離」デス。

あと何といっても、同じドメインで引っ越しするとなると、
ネームサーバーの変更をしなくてはならない事。

ネームサーバーの変更の後の、あの待機時間・・・。

(ネームサーバを変更するとDNSが浸透するまでに、一般的に1~3日かかります。)
何度か経験しているので、あの勿体ない時間も避けたい気持ちが大きかったです。

新しいドメインはエックスサーバーの「キャンペーンドメイン」で無料で取得しましたし(更新料も無料♪)
39ma.net「さくまねっと」って管理人のHNのドメインより、
サイト名の方が良いなぁ~と考えていましたから、「超リフレッシュ」なお引越しです。

~こんな感じで、「お引越し」を意識したら、、、

どの様なかたちで移転するのか?、
どの様な作業を講じてお引越しするか?を考えてみましょう。

宜しければ以下を参考にして下さい。
WordPressのお引越し―ドメイン(URL)を変更せず新サーバへデーターごと移設する

WordPressのお引越し―ドメイン(URL)を変更せず新サーバへデーターベースごと移設する
WordPressのお引越し ドメイン(URL)を変更せず新しいサーバに移設する際に、 データーベースごと移設する場合の作業工程について書いています***

WordPressのお引越し―ドメイン(URL)を変更して新しいサーバにXMLファイルで移設する

WordPressのお引越し―ドメイン(URL)を変更して新しいサーバにXMLファイルで移設する
WordPressのお引越し ドメイン(URL)を変更して新しいサーバに移設する際に、 XMLファイルを使用しコンテンツを移動する場合の作業工程につ***

WordPressのお引越しには、大まかに分類すると、上記の二通りのパターンがあると思います。
(ドメイン(URL)を変更する、しないでサイトの移設作業も異なるものになります。)

どのパターンの方がご自身にとって楽に作業できそうか?という気持ち的なもので考えてみても良いと思います。

二通りのパターンを並べていますが、ここが分岐点でして、
この連載では、初心者には気楽に移転が可能な方法として、
データーベースは触らずに、XMLファイルを使用しコンテンツを移動する方法についてお届けします😌


次回は「WordPressのお引越しの手順と方法【連載2】準備編」です。
WordPressのお引越しの手順と方法【連載2】準備編
WordPressのお引越しの手順と方法【連載2】準備編 前回、WordPressのお引越しの手順と方法【連載1】構想編で書きました様に、「みてみた」の場合は***