みてみたでご紹介させて頂いているプラグインのバージョンは其々最新のものです。WordPress 4.5.3で動作確認済です。🔌

Sponsor Link

NewStatPress の 日本語化 StatPress Reloadedからの引き継ぎ

20151123_newstatpress-ja

このサイトにデフォルトで入っていたプラグイン、WP SlimstatNewStatPress
前回は、WP Slimstatの日本語化について、記事にしました。

WordPress WP Slimstat の 日本語化 - 間違った修正方法に注意
WordPress WP Slimstat の 日本語化 - 間違った修正方法に注意 WordPress解析ツール WP Slimstat         ***

WP Slimstatは、日本語言語ファイルが存在しているにも関わらず、
ファイル名の書き方が間違っていた為に、反映されていなかった為、
正しく名前を書き換える事で日本語表示にできました。

今回は、 NewStatPressの日本語化の方法について書きます。

NewStatPressには、前身のソフト「StatPress Reloaded」というプラグインがあり、
放置サイトの方で11月7日まで使用していましたが、エラーが出た為、削除しました。
以下の記事で触れています。

放置サイト復活計画1 - Debug BarとP3 (Plugin Performance Profiler)でエラーcheck!
Site revival plan 1 いよいよ放置サイトの復活計画をスタートさせる。 の以下の項目・・・。みただけで疲れる・・・😪 ***

StatPress Reloadedには日本語化のファイルがあったので、
代替のプラグインNewStatPressにもWP Slimstatように、
名前を間違えているだけの日本語ファイルがあるかも知れない~。
と仄かに期待したけど、ありませんでした。

とりあえず、WP Slimstatの時と同じように、
いきなりこのサイトで試さずに、放置サイトで試してみる事に。

有効化して驚いたのが、
11月8日に削除したStatPress ReloadedのログをNewStatPressで拾っていました

statpress-log

「あらら。こんな事なら削除した直ぐその日にでも
NewStatPressを入れておけば継続してくれていたのね。」と少し残念がってみる。

ここで、ある閃きが。

データー引き継ぐなら、日本語言語ファイルも引き継ぐでしょ。って事で、
11月8日に削除する前にローカルにdownloadしておいた、
StatPress Reloadedのランゲージフォルダー内の二つの言語ファイルをリネームして、
使ってみる事にしました。

StatPress Reloadedの日本語言語ファイルをNewStatPressで使う

StatPress Reloadedに入っていた言語ファイルを以下の様にリネーム。
statpress-ja.mo ⇒newstatpress-ja.mo
statpress-ja.po ⇒newstatpress-ja.po

このように⇑名前を書き換え
/wp-content/plugins/newstatpress/langs”内に入れるだけなのですが
てっとり早くFTPでささっと書き換えます。

newstatpress-ja_1

ローカル側のstatpress-ja.poとstatpress-ja.moを選択。

この二つのファイルを“/wp-content/plugins/newstatpress/langs”内にアップ。

二つの言語ファイルをアップ

二つの言語ファイルをアップ

アップした二つのファイルの名前を書き換えます。
ファイルの上で右クリック、「名前の変更」を選択し、書き替えます。

newstatpress-ja_3

右クリックで「名前の変更」をチョイス。

“newstatpress-ja.mo”と書き換えたら「OK」をクリック。

newstatpress-ja_4

この作業と同じように、”statpress-ja.po”を”newstatpress-ja.po”と書き換えて完了。

これで、以下の様に日本語表示されるようになりました。

newstatpress-ja_6

言語ファイルの入手

「自分だけ解決したままではいかんと思うので、Languageファイルを用意中です。」
・・・なんて書いてLanguageファイルを書きつつ作業をしていると、、、

ECWorks BlogというサイトでStatPress Reloadedの日本語化ファイルを配布しているそうです。
「StatPress Reloaded」の日本語化ファイル公開
こちらでダウンロードされ、言語ファイルをリネームすると良いでしょう。

うー。最初から検索してみればよかった。😂

若しくは、私が使用したリネームしただけのファイルを使って下さい。

 **********リネームファイルについて**********
 当時の「statpress-ja.mo」配布サイトがどうやら閉鎖されているようです。
 statpressの言語ファイルを配布されている方は別で発見しましたが(上記リンクサイト)
 当時、私がdownloadさせて頂いたサイトではありませんでしたし、
 当時のメモ等も探しましたが、お名前を控えていませんでした。
 因って、大元の制作者は不明です。自己責任でお使い下さい。

ダウンロードページはこちらです。(兼、使用方法ガイド頁)

NewStatPress 日本語化言語ファイル ダウンロード-StatPress Reloadedリネーム版
NewStatPressの日本語、Languageファイルです。 このファイルの元は、NewStatPressの前身のソフト 「StatPress Re***
この頁で理解されている場合は、以下のリンクからでもOK
newstatpress-rename-file-ja

WordPress 言語のファイル名の鉄則

前回も記している内容ですが、言語のファイル名の鉄則を書いておきます。

言語のファイル名には鉄則があって、
“日本語”=「ja.po」というファイル名が付けられたものを、日本語ファイルと認識します
なので、”日本語(日本)“=「ja_JP.po」と書かれたファイルでは認識されません。
また「ja.po」ファイルと「ja.mo」ファイルはセットですので、
ja_JP.mo」となっていれば、リネーム(名前の書き換え)する必要があります。

その他に注意が必要なのが、フォルダー名とファイル名をお揃いにする事です。
言語のファイル名は「ja.po」「ja.mo」の前に、
テーマやプラグインの名前を付けなくてはなりません。
名前が揃っていなければ、日本語ファイルとして認識される事はありません。

まとめ

プラグインの日本語化を試みる時は、
プラグインファイル内(中身)を書き換え等をせず、
プラグインに日本語ファイルが存在する場合は、言語ファイルの名前の方を書き換えた方が無難です。

日本語化ファイルが見当たらない時は、
CodeStyling Localization」や、「Poedit」という、翻訳編集ソフトで自ら翻訳をする。
なんて方法もあります。

「Poedit」の使い方は、以下のサイトが分かりやすく解説されています。

プラグイン 日本語化 に挑戦! 私が使用しているプラグインを少しずつ日本語化しています。だいたいのプラグインは「load_plugin_textdomain」を使い、Poeditを使用することで翻訳することができます。

チャレンジしてみるのも良いかも知れませんね~

折角なので、、、一応、私のサイトでもリネームファイルではなく、
NewStatPress の 日本語化ファイルを、ちょいちょい書いています。

(ただ、StatPress Reloadedのファイルを配布しているサイトがあるのを知ってちょっと放置気味)

他のお気に入りのプラグインの言語ファイルにも手を付けているので(笑)
何時完成するかは分からない(確約できない)ですが、無事完成したらdownload頁を書き、
この頁にカードを貼り付けておきます😉

ご閲覧頂きありがとうございます。 

お粗末でした。