みてみたでご紹介させて頂いているプラグインのバージョンは其々最新のものです。WordPress 4.5.3で動作確認済です。🔌

Sponsor Link

WordPress WP Slimstat の 日本語化 – 間違った修正方法に注意

20151122_wp-slimstat

WordPress WP Slimstat の 日本語化 – 間違った修正方法に注意

WordPress解析ツール WP Slimstat
         最新バージョン 4.2.0.1 での実証記事です。

このサイトにデフォルトで入っていたプラグイン、WP SlimstatNewStatPress
どちらもアクセス解析なのに、どうして2つも似たようなツールが入っていたのか??
其々、特徴のあるものだ。というのは理解できるけど・・。

未だに疑問な訳ですが、特にどちらかを削除する訳でも無くそのままにしています。

先日、Jetpack と WordPress.com の サイト統計情報 が表示されない!という事(未解決)があったし、
NewStatPressの方は、今月13日に誤って
Database ToolsのRemoveボタンに触れてしまった様でデーターが頓挫した。

  (NewStatPressのウィジェットをあちこちに設定しているので、
  次のデーター集計されるまで、”Sorry. No data so far.”と表示されミットモナイ・・・。)

なので、このサイトを開設してからの解析ツールは、WP Slimstat のみ。という事になるので、
WP Slimstat はストップさせたり、
データーいじったりしない様に注意をして大事にしなきゃ。」と、誓ってみる。

WP Slimstatの使い方については、開発者の方が動画をアップされているので、ご閲覧を。
 icon-youtube-square *****⇓日本語字幕表示方法⇓*****
設定⇒字幕オフ⇒英語(自動再生)⇒日本語(日本語はスクロールして一番下)クリックで
日本語の翻訳表示されます。

 

じゃあ、折角なので、このプラグインの日本語化が出来ないか?と、試してみる事に。
(英語でも良いけど取っつきにくいし、長く世話になるなら母国語表示ですよね~。)

放置サイトの方で日本語化を検証

でっ、この前から、放置サイトの復活計画を頑張っていまして、
つい最近をStatPress Reloadedを削除して、次のものとなるアクセス解析をまだ入れていなかったので、
いきなりこのサイトで試さずに、放置サイトで試してみる事にしました。

しかも、都合が良い事に放置サイトには、
稼働時(数年前)にCodeStyling Localizationを入れているのです。
(CodeStyling Localizationは、言語ファイルを編集するプラグイン。ja.moファイルと ja.poファイルの書き換えをする。)

早速、WP Slimstat をダウンロードしてから、ZIPファイルをインストールして、
ついでにNewStatPressの日本語化も同様に試してみる事に。

WP Slimstat には、日本語ファイルが入っていた! でも駄目ファイル!

二つのプラグインを有効化して、CodeStyling Localizationの頁を開いてびっくり。

WP Slimstat には、日本語化ファイルが、存在していました。

image_code-styling-localization_1CodeStyling Localizationの頁

んーーー。じゃあ、なんで日本語表示されてないんだーー!って、感じですよね。

早速、WP SlimstatのZIPファイルを解凍して”wp-slimstat/languages”の中を覗いてみると。
ありりゃ~な事を発見。 そこにあったのは、記述が駄目なファイルでした。

language2

折角日本語ファイルがあるのに、反映されていないのは、単に、
日本語ファイルのファイル名が誤記されているって、事でした。

【因みにCodeStyling Localizationの方で
翻訳ファイルを作っても「ja_JP」でファイルを作りますので、リネームが必要。】

WP Slimstat の日本語ファイルの名前を正しく書き換える

間違ったファイル名を正します。
“/wp-content/plugins/wp-slimstat/languages” 内の2つのファイル名をリネームします。
( _JP を除くだけです。)

language-wp-slimstat

【拡張子.moファイル】

wp-slimstat-ja_JP.mo
_JP 部分を除く
これを以下の正しいファイル名に書き換え。
wp-slimstat-ja.mo
wp-slimstat-ja.mo

【拡張子.poファイル】

wp-slimstat-ja_JP.po
_JP 部分を除く
これを以下の正しいファイル名に書き換え。
wp-slimstat-ja.po
wp-slimstat-ja.po

FTPで書き換え(ロリポップFTPでも同様の事をします)

“/wp-content/plugins/wp-slimstat/languages”
までいき、
ファイルの上で右クリック、「名前の変更」を選択し、書き替えます。(不要な _JP を除くだけ。)

language-wp-slimstat_mo

language-wp-slimstat_mo2
この反転しているファイル名を、
language-wp-slimstat_mo3
“wp-slimstat-ja.mo”に書き換え
「OK」をクリックで完了。

同様に”po” ファイルの方も書き換えます。

これで、以下の様に日本語表示されるようになります。

language-wp-slimstat-ok

日本語化されて一番楽に目を通せるのはやはり「設定画面」でしょうか。

language-wp-slimstat-ok2

WP Slimstat の日本語化、間違った修正方法もWEBにはある

 wp-slimstat/admin/wp-slimstat-admin.phpファイルの中身を修正。           
 81行目あたりの記述、”wp-slimstat-en_US.mo”を”wp-slimstat-ja_JP.mo”と書き直す。   

・・・と云う様な方法を書いている方が複数いるけど、
これでも表示は日本語になりますが、これは間違えだと思います。

プラグインファイルは基本的に滅多な事がない限り、手を加えるものではないので、
ファイルの中身ではなく、言語のファイル名の方を標準にしてやれば良いだけです。

そして、WordPressのwp-config.phpには以下の様に書かれています。

/** * ローカル言語 – このパッケージでは初期値として ‘ja’ (日本語 UTF-8) が設定されています。
*
* WordPress のローカル言語を設定します。設定した言語に対応する MO ファイルが
* wp-content/languages にインストールされている必要があります。例えば de.mo を
* wp-content/languages にインストールし WPLANG を ‘de’ に設定することでドイツ語がサポートされます。
*/
define (‘WPLANG’, ‘ja’);

これにもあるように、WordPressのローカル言語、日本語はUTF-8が標準になっているので、
標準に準じた変更・修正が必要です。

WordPressの設定は

define ('WPLANG', 'ja');

が基本。と覚えておくと、他のプラグインの日本語化も楽だと思います。

language-wordpress

WordPressのLanguageファイル。全て「ja.po」「ja.mo」

 

WordPress 言語のファイル名の鉄則

折角なので、言語のファイル名の鉄則を書いておきます。

 言語のファイル名には鉄則があって、
  “日本語”=「ja.po」というファイル名が付けられたものを、日本語ファイルと認識します。  
  なので、”日本語(日本)“=「ja_JP.po」と書かれたファイルでは認識されません。
  また「ja.po」ファイルと「ja.mo」ファイルはセットですので、
  「ja_JP.mo」となっていれば、リネーム(名前の書き換え)する必要があります。

  その他に注意が必要なのが、フォルダー名とファイル名をお揃いにする事です。
  言語のファイル名は「ja.po」「ja.mo」の前に、
  テーマやプラグインの名前を付けなくてはなりません。
  名前が揃っていなければ、日本語ファイルとして認識される事はありません。

まとめ

プラグインの日本語化を試みる時は、
プラグインファイル内(中身)を書き換え等をせず、
プラグインに日本語ファイルが存在する場合は、言語ファイルの名前の方を書き換えた方が無難です。

日本語化ファイルが見当たらない時は、
CodeStyling Localization」や、「Poedit」という、翻訳編集ソフトで自ら翻訳をする。
なんて方法もあります。

「Poedit」の使い方は、以下のサイトが分かりやすく解説されています。

プラグイン 日本語化 に挑戦! 私が使用しているプラグインを少しずつ日本語化しています。だいたいのプラグインは「load_plugin_textdomain」を使い、Poeditを使用することで翻訳することができます。

チャレンジしてみるのも良いかも知れませんね~。

・・・で、ついでのNewStatPressの方ですが、
前身のStatPress Reloadedは日本語化のファイルがあったので、
代替のプラグインNewStatPressには名前が間違っただけの日本語ファイルがあるかも知れない~。
と期待したけど、これはなかった。

NewStatPressの日本語化については、以下からご閲覧下さい

NewStatPress の 日本語化 StatPress Reloadedからの引き継ぎ
このサイトにデフォルトで入っていたプラグイン、WP Slimstat と NewStatPress。 前回は、WP Slimstatの日本語化について、記事に***
↑2015/12/02投稿

ご閲覧頂きありがとうございます。 

お粗末でした。